FC2ブログ

DraQue NIGHT 4

今夜はフローラ焦点を当ててみる

ビアンカ派の人でもかなり迷うかもしれない
2人から1人を絞り込むとしたら、究極的には性格の違いである



結婚式前夜までのフローラの心情を推測してみる 1

フローラからすれば主人公との出会いは思いもよらないものだったわけで
当然、彼女は主人公を意識していなかっただろうし、仮に意識していたとしてもそこにはビアンカというハンデがある
幼少期から知り合いだった主人公とビアンカの精神的な近さは、フローラにとって大きすぎるハンデ
そんな主人公が、名目上であるが「フローラにふさわしい男」を試すために死の火山に行った
世界各所から集まった豪傑がどうすることもできなかった
アンディも重症を追ってサラボナに帰ってくる
そんな中、主人公は炎のリングを手に入れ生還
主人公を実力を知ったフローラは、主人公のことを意識し始める
あとは水のリングさえ手に入れば行けば2人が結婚することが許される

しかし、一方通行の結婚はフローラにとっても本意ではない
自分が主人公のことを好きでも、主人公は自分のことを愛してくれるだろうか
主人公とともにマーサを探すたびに出ても、足手まといにはならないか
フローラは心配したに違いない
そんな不安にかられながらも、主人公のことを意識してしまったフローラ
主人公が水のリングを探しに行っている間、1人ルドマン邸で呪文や魔物の扱いを熱心に勉強する
箱入り娘の彼女がこんなことをするなんて誰が想像しただろう
しばらく経って、主人公がサラボナに帰還する
結婚後の旅の支度までしていたことを、主人公にアピールしようなどと幸せな妄想に浸っていたフローラ
しかし、主人公の隣には主人公と親しげな見知らぬ女性が一緒にいる

この女性も主人公のことを意識していると悟ったフローラ
しかも(義)父のルドマンは主人公に、ビアンカと結婚するのもよいではないかと言い出す
フローラは肩を落とす
プレイする側からの人間にとってもこの現実はキツイ
フローラに同情してしまう
修道院で育ったフローラは、他の女性を蹴落としてでも自分の幸せを優先しようなどと考えることができない
本当は主人公のことが好きで好きで仕方ないが、自分が我慢すればみんなが幸せになれるんじゃないかと自分を押し殺したり、様々な感情が交錯し、とうとうそれを口にできなかった

つづく


圧倒的なビアンカ派でも、こういったバックグラウンドがあったのではないかと推測すると、一概にビアンカとは言えないかもしれない
ドラクエVは戦闘シーン抜けばRPGではなくて恋愛シュミレーションゲーム
スポンサーサイト



テーマ : ドラゴンクエスト5 - ジャンル : ゲーム

タグ : フローラ ビアンカ マーサ 主人公 ルドマン サラボナ

DraQue NIGHT 3

ビアンカの実際のセリフを解釈する その2

「これで[主人公]が結婚すると思ったら、むねがいっぱいになっちゃって。」
水のリングを入手した後のセリフ
これでサラボナに帰ったら主人公がフローラと結婚し、自分はもう主人公とは一緒にいられなくなっちゃうんだ的なちょっと寂しい場面
そのあとで、以下のセリフがあって
「[主人公]が結婚しちゃったら、もういっしょに旅はできないでしょ?奥さん(フローラ)に悪いし……。だからごういんについてきちゃったの。ごめんね。もし、フローラさんのほうで[主人公]のことを断ってきたら、私が[主人公]のこともらってあげる。なんて、じょうだんよ!うふふ。」
いや、これは冗談なんかじゃない・・・
気丈に振舞いながらも、実は主人公のことが好きで好きでたまらないはずだ
そんな、ビアンカの寂しげな表情を想像すると、後ろめたい気持ちでいっぱいになってしまい、大富豪の箱入り娘なんかと結婚する気になれない

テーマ : ドラゴンクエスト5 - ジャンル : ゲーム

タグ : ビアンカ フローラ サラボナ

New!
Category
Links
Views
Recommended
Author

MyBestFriend

タカヤ
 鈍感を装おう

Calendar
Recommended
Blog Magazine